• 全て
  • キッチン
  • 浴室
  • 家庭用品
デュアゴールがあれば、水垢問題は解決です。最適な製品をここから探してください。
Special applications:
Can’t find what you want to descale?
Contact us and we’ll give you some personalized advice.

コーヒーマシンを最適な状態に保つための3つのヒント

1. 3か月に一度、スイスエスプレッソでコーヒーマシンの水垢をクリーニングしましょう。

2. 次の水垢クリーニングまでの間は、バクテリアの発生を抑える ために、水を入れるタンクを食器用洗剤で洗いましょう。

3.クエン酸やお酢は、水垢除去に対しては効果が低く、水垢を完全に落しきれないためご使用はお控えください。

デュアゴールとクエン酸やお酢、どちらが効果的?

デュアゴール製品は、クエン酸やお酢に較べて、水垢除去に関しては明らかに優れています。クエン酸やお酢は、水垢除去専用のデュアゴール製品と比較して効果が低く、完全に水垢を取り除くことはできません。また機器に悪影響を与えてしまうこともあるのでお奨めしません。

より詳しくはこちら

ガンコな水垢も完璧に取り除きます

水垢クイズ

水垢を落とすのはお得意ですか?

下のA,B,Cの3つの中から適切と思われるものを選択してください。質問は全部で3問あります。3問とも正解できれば、あなたは     水垢クリーニングのエキスパートです。正解できなかった場合は、私たちがエキスパートになるお手伝いをします。

A

「硬水」(カルシウムなどのミネラルを多く含む水)は、山岳地域にのみ存在する。

選択

B

「硬水」は体に悪い。

選択

C

「硬水」は、コーヒーマシンなどに損傷を与える場合がある。

選択

A

水垢は、機器の電気などのエネルギー消費を増加させる。

選択

B

水垢は、キッチン家電製品の耐用期間を延ばす。

選択

C

水垢は、環境に悪影響を与える。

選択

A

水垢は、バクテリアなどの微生物の繁殖に影響しない。

選択

B

水垢と油汚れを、同時に取り除くデュアゴール製品がある。

選択

C

水垢の除去には、クエン酸やお酢が最も効果がある。

選択

よくあるご質問

  • 硬水は、雨水が石灰岩層に浸透し、その過程でカルシウム分を取り込んだものです。この硬水が水道水として一般家庭に供給され、加熱されるか蒸発すると石灰水垢が形成されます。
  • お住いの地域の硬水レベルは、インターネット等で調べることができます。
  • 水垢クリーナーの効果は、含まれる酸性成分に左右されます。優れた水垢クリーナーの適切な量の使用が、対象物の保護効果も発揮しながら、水垢を素早く、完全に溶解します。発生する泡の量でその働きを見ることができます。
  • コーヒーマシン内の水垢は、コーヒーの抽出時間を延ばし、熱伝導を妨害します。それによりコーヒーの品質を落としてしまいます。
  • 時間と共に水垢はコーヒーマシン内に堆積し、いつか完全に詰まってしまいます。更に水垢はコーヒーマシンのコンポーネントの腐食ももたらします。これらがマシンの損傷を引き起こします。
  • 水垢はコーヒーマシンのエネルギー消費を増加させてしまいます。これは大きな環境負荷となります。

過剰な水垢が蓄積される前に、コーヒーマシンの定期的な水垢クリーニングをお奨めします-理想的には3か月に一度行ってください。最高のコーヒーとより長いコーヒーマシンの耐用期間を実現するために。

水垢(水中の石灰の残留物)は、人間にとって大事なものです

  • 決して悪いものではなく、実際人間にとっては健康に良いものなのです。一例として骨の形成を促進するカルシウムを含んでいるからです。硬水が体に良いのは、そのためです。

残念なことに、水垢は家電製品には逆の効果をもたらします:

  • 硬水は、蒸発したり加熱されると 石灰の水垢が残ります。
  • 水垢が溜まると家電製品の熱伝導が妨げられ、電気消費量が増加することがあります。
  • 水垢は、バクテリアのような微生物の成長を促進します。
  • また、電気ケトルやコーヒーメーカーなどの家電製品の機能を妨げ、製品の耐用期間を短くする可能性があります。
  • 水垢は、電気ケトルやコーヒーマシンなどの家電製品の機能を妨害し、耐用年数を縮めてしまいます。コーヒーマシン内の水垢は、水を送る管に詰まり、耐用期間を大幅に縮めてしまいます。電気ケトルの場合には、水垢により過熱状態になり電気部品が損傷する可能性があります。デュアゴール製品は、機器に負荷なく水垢を効率よく取り除きます。
  • 電気製品に付着した水垢を負荷なく取り除くためには、クエン酸やお酢は避けるべきです。なぜなら水垢除去の効率が悪く、完全に取り除くことができないからです。
  • クエン酸は、溶解しない残留物を残す場合があり、水垢を除去した機器に別の問題を与える可能性があります。
  • お酢の場合は、プラスチック素材、特にパッキンやシーリング部分の柔軟剤を溶かしてしまい、その部分がもろくなってしまいますし、 お酢特有の臭いも残ってしまいます。
よくあるご質問